岩手 引越し業者 安い

岩手の安い引越し業者の探し方がすぐにわかる

岩手 引越し 安い

岩手 引越し 相場

岩手 引越し 料金

岩手 引越し 比較

 

岩手の引越し業者を検索すると150件ほどヒットします。
この150件すべての引越し業者に見積もりを取れば、岩手県内で一番安い引越し業者を探すことができますね。

 

ですがこれは現実的な話ではありません。やろうと思っても出来ることではないですよね。

 

しかし150件の業者から見積もりを取るのは無理でも、3〜5社くらいからは見積もりを取って料金やサービスを比較してくださいね。

 

そうでないと提示された引越し料金が安いのか高いのか判断することが出来ないからです。
複数の引越し業者から見積りを取れば、あなた自身の引越し相場だけでなく、最安値の業者も一目瞭然です。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

岩手 引越し 見積もり

 

24時間365日、いつでも好きな時間に申し込むことができますから、忙しくて時間がない人にもオススメです。

 

しかも情報を1度入力するだけで、複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。

 

大手から地域密着の引越し業者まで多くの業者が参加しています。

 

郵便番号を入力することで、あなたのお住まいの地域に対応できる引越し業者を厳選して見積もりを取ってくれます。
利用料はかかりませんので、是非ご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの手順を知っておくと何かと便利です。

 

引越しすることが決定であれば、まずは管理会社に退去することを連絡します。管理会社は次の入居者を募る準備が必要だからです。
次に新居を探して、最後に引越し業者を探すのがスムーズな順番です。

 

引越し業者の見積もりは、新居の条件がないと計算することが出来ないので、まずは新居を決めてください。

 

荷造りですが、季節外れの洋服やあまり使用しないものからどんどんダンボールに梱包してください。中身がなにか箱に書いてくださいね。

 

不用品や粗大ごみを新居に運ぶにも費用がかかりますから、これらは引越しの前に処分してくださいね。

 

市外への引越しなら、引越し2週間前に転出届などを役所に提出しましょう。

 

そして新居に郵便物が転送されるように、郵便局で手続きすることもお忘れなく。

 

電気・ガス・水道・ネットなどの会社にも引越しすることを連絡して、引越し当日までの料金を精算してもらうようにします。
同じ市内での引越しなら、引越し日からは新居で電気・ガス・水道・ネットが使えるように手配してくださいね。

 

詳しいことは各会社に問い合わせてましょう。

 

いよいよ引越し当日ですが、荷物や家財の運搬は引越し業者が行います。
あなたは家具や家電の配置を引越しスタッフに知らせてくださいね。

 

先に決めてどこかに何を置くかを書いてスタッフに渡しておくと無駄がありません。

 

ただし、引越し業者が運べないものがいくつかあります。
貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運ぶようにしましょう。

 

引越し日か翌日にご近所へ挨拶に行ってくださいね。
最近女性の一人暮らしの場合は、挨拶をしないほうがいいという指導をしているマンションもあるそうなので、その場合は従ってください。

 

引越し後2週間以内に、市内引越しの場合は転居届・市外引越しの場合は転入届を新居に最寄りに役所に提出してくださいね。

 

郵便物の転送は1年間だけのサービスです。
住所変更が必要な免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに連絡して、大元の住所変更をするのを忘れないで下さい。

 

 

引越しの繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し料金は荷物の量と運搬距離が同じなら、いつでも同じ金額というわけではありません。
宅配便や郵便の配送料金とは仕組みが全く異なります。

 

引越し業界には繁忙期あって、それは毎年3〜4月の春休みにあたります。

 

なぜ春休みが繁忙期になるかというと、4月から新学期が始まるからです。

 

新大学生や新社会人は、高校や大学を卒業した後で新天地に引越しをします。
全国の大学や会社で一斉に行われますから、この時期の引越し業者は日本全国どこも大忙しです。

 

しかも同じ時期にサラリーマンの春の転勤も重なります。こちらは家族で引越しすることも多いため、信じられないくらい高額な見積もり金額になることも。
出来るなら繁忙期の引越しは避けましょう。

 

どうしても繁忙期に引越しすることを避けられない人は、まずは最低限の荷物だけ宅配便で送って、繁忙期が終わってから本格的に引越しをするとか、新居の近くで家具家電を調達するなどの工夫が必要です。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分方法

 

引越し 粗大ゴミ 処分

 

家の中の要らない家具や家電は、引越し前に処分しましょう。
大きなものはトラックの大きさに関わるため、引越し料金が高くなる可能性があります。

 

粗大ゴミの定義は一辺の大きさが50cm以上あるもの、もしくは重さが50kgを超えるものです。
このほかにガスコンロ・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミです。

 

粗大ゴミはゴミ集積場に置いておけば、回収業者が持って行ってくれるわけではありません。手続きが必要なのです。

 

粗大ゴミの処分方法には、回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)の2つがあります。

 

【A:回収に来てもらう方法(有料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、回収に来てもらえる日を予約する。
 ※商品の種類や大きさ・個数、氏名・住所・電話番号を聞かれます。
 ※シールの枚数と金額、収集日と粗大ゴミを出す場所を教えてくれます。

 

2・スーパーやコンビニで販売している「粗大ゴミシール」を買って、粗大ゴミに貼る。
 ※一度購入した粗大ゴミシールは払い戻しや再発行ができません。
 ※粗大ゴミシールは、一点ごとに必要枚数を目立つところに貼ってください。

 

3・あとは指定された収集日の朝8時までに、申込時に確認した場所に出す。

 

【B:自分で捨てに行く方法(無料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。
 ※当日の予約は受け付けておりません。
 ※予約可能期間は一週間先までのところもあります。
 ※持ち込み希望日、時間、処分予定の商品名、数、持ち込む車両番号を伝えると、予約番号をが貰えます。

 

2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込みます。
※予約番号と氏名を受付に言います。
※粗大ゴミシールは必要ありません。

 

粗大ゴミの定義に入っているのに、処分方法が特殊なものがいくつかあります。

 

それが家電リサイクル法で定められた家電で、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越ししたらご近所へ挨拶に行ったほうがいいです。

 

挨拶のタイミングは引越し当日、あるいは翌日にしましょう。
いずれにせよ、早めに挨拶に行くのが良いですね。
だたし一人暮らしの場合は防犯上のことから、最近は近所へ挨拶する必要はないと考えられています。

 

ではどこまで挨拶に行くのが一般的なのでしょう?

 

一軒家なら向こう3軒両隣、つまりお向かいさんとその両隣、自分の家の両隣の合計5軒に挨拶に行きましょう。
一軒家はゴミ当番が回ってくることもあるので、自治会長さんにも挨拶しておくと良いかもしれません。

 

マンションやアパートなら左右上下の部屋の合計4軒に挨拶に行きましょう。
他にも管理人さんや大家さんが近くに住んでいるなら、挨拶しておくと印象が良いです。

 

手ぶらで挨拶に行くよりは、500〜1000円程度の簡単な手土産を用意しておくことをおすすめします。
タオルや洗剤、お菓子やコーヒーや紅茶などの消耗品が人気です。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越しは荷物を運ぶだけはなく、いろいろな困りごとに遭遇することも。
そんな困ったことを解決するのが、有料オプションです。

 

引越し業者が扱っている有料オプションサービスは、以下のようにいろいろあります。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

どんなサービスを利用したいかで引越し業者の選び方が変わりそうです。
契約前にそのサービスがあるのかどうかしっかり確認する必要があります。

 

有料オプションでもっとも依頼数が多いのはエアコンの移設です。
いまは温暖化で夏場はエアコン無しでは厳しく、エアコンが2〜3台あるご家庭も珍しくありません。

 

高価な家電なので新居に持って行きたいと考えるのも当然です。

 

エアコンは室外機と繋がれていますから、取り外すのも設置するのも専門の業者に依頼しなけばなりません。
その面倒な手続きを代行してくれますから、エアコンを移設したいときはオプションサービスを依頼しておきましょう。

 

それともしピアノをお持ちなら、オプション依頼しておきましょう。
じつはピアノはどこの引越し業者でも運搬できるわけではないので、必ず契約前にピアノが運搬できるのか確認しておいてください。